読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO TITLE

WEBデザインとかブログ運営、社会・経済、音楽などなど

SEOに強いおすすめ日本語WordPressのテンプレートテーマ(無料版と有料版)

ブログ運営 ブログ運営-SEO

スポンサードリンク

今回はSEOに強いWordPressテーマの紹介です。

 

WordPressというのは無料のブログサービスとは違い、一から自分だけのブログを作ったり、配布されたテンプレートをインストールしてHTML(PHP)からカスタマイズできたりと、非常に自由度の高いサービスです。

また、はてなブログやアメブロなどのブログサービスのように、管理画面から簡単に記事作成ができます。しかも管理画面や記事編集ページでさえもカスタマイズすることができるのです。

WordPressのインストール自体は無料でできますが、公開するにはレンタルサーバーなどを自分で借りて用意する必要があります。レンタルサーバーは安い所であれば月々数百円で借りられます。

 

ブログだけではなく、頻繁に更新されるサイトはほとんどWordPressで作られていると言っても過言ではありません。

 

そんなWordPressですが、多くのブログ運営者に使用されており、豊富なテンプレートテーマが制作・配布されています。

今回は、SEOに強いと言われているWordPressテーマを有料と無料の二つに分けて紹介していこうと思います。

ダウンロードをして使ってみたり、ソースコードを覗いたり、カスタマイズしてみたりと、実際に試してみました。

ブログ運営者にとってSEO対策は必須かと思いますので、気になる人は一度目を通しておいてください。

 

 

SEOに強い有料のWordPressテーマ

まずはSEOに強い有料のテーマを紹介していきます。

有料のテーマは既に綺麗にデザイン済みのものがほとんどなので、自力でカスタマイズができない初心者にはピッタリです。

価格は安いとは言えませんが、長くブログを続けていくのであれば有料にするのもアリだと思います。特にカスタマイズが苦手な人向けです。

 

ハミングバード

OPENCAGEが制作しているテーマです。

 

 

アルバトロス

こちらも同じく、OPENCAGEが制作しているテーマです。 

 

 

ストーク

ブログマーケッターJUNICHIとOPENCAGEが共同開発したWordPressテーマ。最近ちらほら見かけますね。

CSSをいじることができないような初心者でも綺麗なデザインにすることができます。

 

上記の「アルバトロス」「ハミングバード」「ストーク」はOPENCAGEが開発しています。これらの特徴は、

  • そのままでも綺麗なデザイン
  • 管理画面でのカスタマイズがとっても楽
  • ショートコードがあるので記事の執筆が効率的
  • アニメーションやスライドショーなどの設定が簡単
  • 使っている人が多いので情報が豊富

有料テーマだけあって、かなり作りこんでますね。最近WordPressを始めた人は、このテンプレートを利用しているケースが多くなっています。

なんせ楽だもんねー。

 

Liquid

初心者から上級者まで使いやすいWordPressテーマです。いくつか種類があり、コーポレート用・個人用など幅広いユーザー向けのテーマが用意されています。

Bootstrap対応のテーマ。とてもスタイリッシュ。他の有料テンプレートと違ってシンプルですが、テーマカラーを管理画面から選ぶことができます。

WordPressの公式テーマチェックをクリアしているので、安心して利用できます。モバイルフレンドリーで、スマホからの閲覧もとても綺麗です。

ただ、他の有料テーマに比べるとカスタマイズの知識はあった方が良さそうです。

 

賢威

アフィリエイター御用達のWordPressテンプレートいえば、これ。SEOで有名な「ウェブライダー」が開発しているテーマです。

SEOに強い戦略的テンプレート「賢威7」。レスポンシブWebデザインにも対応!パンダアップデート・ペンギンアップデートで悩むサイトオーナー様必見のSEOマニュアルが付属!

多くのアフィリエイターが利用しています。多くのキーワードで上位に表示されている実績がとても信頼できます。ウェブライダーの松尾さんと言えば、SEO界隈ではかなり有名な方ですね。

賢威を利用者であれば、「賢威フォーラム」が閲覧できるという特典もあります。テンプレートだけではなく、色々な情報を手に入れたいのであれ、利用してみてもいいかもしれません。

画像のカラーだけでなく、現在6色の中から選ぶ事ができます。

SEOのプロが作ったテーマなので、SEO内部対策がバッチリなのは間違いないでしょう。

 

affinger

Stingerと同じく、ENJILOG(エンジログ)の著者が手掛けているテーマで、こちらは有料版です。

f:id:shiromatakumi:20161021221201j:plain

マニュアルとセットになっているので購入後も安心な有料テーマです。

こちらは無料テーマ「Stinger」の上位版というイメージ。「Stinger」と比較すると、細かい所まで作りこんでいて、アフィリエイトで収益化を狙いたい人におすすめです。また、個人ブログだけでなく、コーポレートサイトにも使える設計です。

カスタマイズが楽に行える上に、ランキングを簡単に作成する機能もついています。しかも、最近話題のAMPにも対応しています。

近頃周りではこのテーマを使っている人が多いですね。そして評判はとても良いです。

性能の割に安価なのもありがたいですね。

 

スポンサードリンク

 

 

SEOに強い無料のWordPressテーマ

まずはSEOに強い無料のテーマを紹介していきます。

無料テーマの特徴は、そのシンプルさです。多くの無料テーマはデフォルトがシンプルなデザインになっているので、自分の思い通りにカスタマイズするのに向いています。

STINGER8

有名ブログ「 ENJILOG(エンジログ)」の著者が手掛けたテンプレートです。とても根強い人気のテーマです。

STINGER 8がついに公開。機能を絞り、これまでよりもさらにシンプルな作りになっているとのことです。

f:id:shiromatakumi:20161118164205j:plain

STINGER8 - STINGER史上最高にシンプルなテーマ - 無料WordPressテーマSTINGER

他のテンプレートはよりも作りはシンプルで、重要な機能に絞っています。あまりに機能が多いと逆に困るという人は、このテーマがいいかもしれません。

シンプルな方が、管理画面は見やすいと思います。

 

Gush2

ブログ運営やSEOに詳しく、naifixの運営者Elloraさんが作成したテーマです。

f:id:shiromatakumi:20161118164202j:plain

Gush2 ダウンロードページ

Gush2は他のテンプレートテーマに比べると非常にシンプルな作りになっています。

軽量なので、動作速度を求めるならおすすめのテーマです。

 

ブログ初心者向けオンラインクラブでは、「Gush5」も配布されています。こちらは会員限定なので、一般公開はされていません。

Gush5ダウンロード

Simplicity

寝ログ のわいひらさんが制作したテンプレートテーマです。

 

f:id:shiromatakumi:20161021221028j:plain

Simplicity | 内部SEO施策済みのシンプルな無料Wordpressテーマ

デフォルトの状態で、GoogleのPageSpeed Insightsでは「モバイルユーザーエクスプリエンス」において100点だそうです。

結構細かい設定ができるので、ある程度慣れてくるとすごく便利です。無料で細かい所まで作りこんでいて、本当にすごい。

 

Xeory Base

バズ部が手掛けているWordPressのテンプレートです。

 

f:id:shiromatakumi:20161021221049j:plain

https://xeory.jp/template/xeory-base/

 

Xeory Extension

こちらも同じく、バズ部が手掛けているテーマです。

 

f:id:shiromatakumi:20161021221055j:plain

 

https://xeory.jp/template/xeory-extension/

 

バズ部のテーマは割とシンプルな作りです。機能が多いと逆に困ってしまうような初心者向けのテーマだと思います。

SEOに関する設定は一通り標準搭載されています。

マテリアル

f:id:shiromatakumi:20161025184622j:plain

ブログ用WordPressテーマ マテリアルの特徴 | ブログ用WordPressテーマ マテリアル

 

 

Luxeritas

f:id:shiromatakumi:20161202204747j:plain

Luxeritas Theme | SEO最適化、レスポンシブ、高カスタマイズ性、とにかく速い、無料の WordPress テーマ

ページの速度にとことんこだわり、モバイルフレンドリーでSEOにも最適化されているテーマです。管理画面からかなり詳細な設定ができます。

本当に「これで無料?マジかよ?」という感じです。ただ、使っている人はそこまで多くないので、カスタマイズの情報が少なめです。

自分である程度設定やカスタマイズができる人向けではあります。

 

このように、様々なSEOに最適化されたテンプレートテーマがたくさんあります。自分でCSSをいじってカスタマイズできる人は無料で大丈夫だと思います。

逆に、CSSが分からないという方には有料テーマがオススメです。

SEOに強いテーマの特徴

これらのテンプレートテーマがSEOに強いと言われるのは「基本的なことができている」からです。

HTML5には、headerやfooter、article、sectionなどのタグがあり、それらが適切にマークアップされている必要があります。

また、パンくずリストなどには構造化データマークアップ(schema.orgなど)が記述されているのが好ましいですね。

 

レスポンシブはもはや当たり前。スマートフォンでも綺麗に表示されます。今の時代、スマホが主流ですからね。

 

これらの基本がしっかりとできているのが、SEOに強いと評されるテーマの共通点なのです。

 

また、管理画面だけでSEO対策やアクセス解析に必要なタグが設定できるのも特徴です。

その他にも、シェアボタンはデフォルトでついており、OGPも設定されています。

HTMLの基本がしっかりできていて、サイト運営者の痒い所にも手が届くのがこれらのテーマです。

日本のテンプレートをすすめる理由

今回は日本国内のテンプレートを紹介しましたが、それには理由があります。

確かに海外のテンプレートは種類も豊富ですし、カッコイイデザインも多いです。ただ、海外のテンプレートは困った時・不明なことがあった時に、調べるのがとても面倒です。日本語で読める情報があまりないと途方に暮れてしまいますよね。

 

それに制作者・制作会社に何か連絡を取りたいと思っても、相手が英語だと難しいですよね。

 

とにかく、日本製のテンプレートテーマは情報収集が楽なのです。

 

また、海外のテンプレートは英語のコンテンツではカッコよく見えるかもしれませんが、日本語を表示してみるとイマイチなこともあります。もともと日本語で綺麗に見えるように設計されていませんからね。

 

これらの理由から私は日本製のテンプレートをおすすめしています。

 

SEO対策の効果を最大限発揮できるサーバーを使う

ここまでテンプレートの話をしていきましたが、意外と見落としがちなのがサーバーの性能です。せっかく高速のWordPressテーマを導入しても、サーバーの速度が遅いと台無しです。

昨今のモバイル重視の情勢を考えると、サイトの表示速度というのはSEOにおいて非常に重要な要素となります。

WordPressに使うサーバーはwpXがとてもおすすめです。

名前の通り、WordPressに特化したサーバーです。

非常に高速でページを表示することができるのはもちろん、急激な同時アクセスにも抜群に強いです。さ○らサーバーの何倍もの同時アクセスをさばくことができます。エックスサーバーすらも上回ります。

また、サーバーへのWordPressのインストールが簡単にできる点も魅力ですね。

SEOにとことんこだわって、急なアクセスを取り逃したくないのであればwpXを使って下さい。

最後に注意点

こんなことを言ったら元も子もないのですが、SEOの基本は記事の内容です。外見やHTMLの構造がちゃんとしていても、記事が微妙では全く無意味です。

SEOに最適化されているからと言って簡単に上位表示されるという訳ではないですからね。

 

しかし、少しでもSEOで不利にならないためにも、SEO対策済みのテーマを使っておいた方が良いでしょう。なんだかんだSEOは細かいことの積み重ねでもありますからね。

 

近々、WEB制作者向けに今回紹介したテーマ(無料)のHTML構造を分析した記事もアップする予定なので、お楽しみに。

 

余談

私自身も今WordPressのテンプレートテーマを作っています。本業の合間に作っているので中々進んでいませんが、いずれは今回紹介したテーマのように人気になって欲しいですね。

それにしても今回紹介してテーマはいずれも作りこんでて凄いです。こりゃあハードル上がるわなー。

 

他にもこんな記事書いてます。こっちはWEB制作者ではなく、執筆者向けの記事です。

ブログのSEOを強化する21の方法 - NO TITLE

HTML、CSS入門!

超初心者のためのHTML・CSS入門講座 - NO TITLE