NO TITLE

WEBデザインとかブログ運営、社会・経済、音楽などなど

Maroon 5(マルーン5)のおすすめ人気曲・アルバムをご紹介

スポンサードリンク

洋楽アーティストの人気曲を紹介シリーズ。今回は日本でも大人気バンド、「Maroon 5(マルーン 5)」を紹介します。

 

といっても、彼らについては説明は不要な気がしますが、若い子とかだとデビュー当時の曲とか知らないかもしれない。

私がMaroon 5を知ったのは確か、高校時代。今年30なので10年以上前の話ですね。当時はハマってかなり聴いていました。もちろん最近の楽曲も好きです。

私がこれまで聴いてきたMaroon 5の曲の中からオススメの曲をピックアップしていきます。あまり洋楽を聴かないような人でも、いくつかは知っている曲があるかと思います。

 

とりあえず目次

Maroon5(マルーン5)

結成時(1994年)は4人組で「Kara's Flowers(カーラズ・フラワーズ)」というバンド名でしたが、5人編成になり2001年に「Maroon 5」として再スタートします。

ちなみにMaroon 5という名前の由来はトップシークレットで、メンバー以外で知っている人はほとんどいないそうです。

 

メンバー

ボーカル アダム・レヴィーン
ギター ジェームス・ヴァレンタイン
キーボード・ギター ジェシー・カーマイケル
ベース ミッキー・マデン
ドラム マット・フリン
キーボード PJ・モートン
(2012年参加・2014年加入)
元メンバー
ドラム
ライアン・デューシック

 

先にお伝えしておきますが、今回紹介するほとんどの楽曲はベスト盤『Singles』に収録されています。とても贅沢なアルバムですね。

Download
Song Album
 

それでは、デビューアルバムから順番におすすめの曲を紹介していきます。

1st Album『Songs About Jane』

Maroon5としてのデビューアルバム、『Songs About Jane』。発売からと~っても長い期間をかけてジワリジワリと売り上げを伸ばし、最終的にはめちゃめちゃ大ヒットを記録した名盤です。とても爽やかで、洋楽初心者でも聴きやすい曲調で、多くのファンを虜にしました。

このアルバムなくして、彼らを語ることはできません。

 

画像をクリック・タッチするとYouTubeが埋め込まれます。

Maroon5 This Love

『This Love』

世界的にMaroon5の名を知らしめた曲。この曲でMaroon5を知ったという人も多いのではないでしょうか。キャッチーで耳に残るメロディ。この曲がジワジワと世に広まり、長い期間をかけてアルバム『Songs About Jane』は大ヒットします。

この曲はボーカルのアダム・レヴィーンの恋愛経験を元に作られたそうです。

Download
Song Album

 

Maroon5 She Will Be Loved

『She Will Be Loved』

個人的には一番好きな曲です。Maroon5のヒット曲はポップで爽やかな曲調が多いですが、この曲には何とも言えない切ない雰囲気があります。そして、アダムの持ち味である甘い歌声が存分に発揮された曲でもあります。

アダムが彼女の母とイケナイ関係になってしまうミュージックビデオがとても印象的。チャラwww

Download
Song Album

 

Maroon5 Sunday Morning

『Sunday Morning』

日本ではテレビCMに起用され、かなり有名な曲です。映画『ラブ・アクチュアリー』のサウンドトラックにも収録されています。爽やかな曲調で、まさに日曜の朝に優雅な一時を過ごしにはピッタリの曲。

まあ、私は日曜の朝ほとんど寝てるんですけどね。

Download
Song Album

2nd Album『It Won't Be Soon Before Long』

他のアルバムと比べると割と地味な印象が否めない気がしますが、このアルバムにもおすすめの楽曲がいくつかあるので紹介しておきます。

 

Maroon5 Makes Me Wonder

『Makes Me Wonder』

セカンドアルバムから最初にシングルカットされた曲です。ビルボードではNo.1を記録したポップチューンです。

Download
Song Album

 

Maroon5 Won't Go Home Without You

『Won't Go Home Without You』

個人的にはセカンドアルバムでは、これが一番好きな曲。

グラミー賞の「Best Pop Performance by a Duo or Group with Vocals」にノミネートされました。(受賞したのはCold Play)

Download
Song Album

 

 うん、やっぱりセカンドアルバムはちょっと地味だわw

とは言っても、他のアルバムに比べればという意味で、決して悪いアルバムではありません。一つ一つの曲は地味でも、アルバムを通してきくとまとまりのある作品だと思います。

ただ、3rdや4thアルバムに収録されているような、ちょっと尖った楽曲もあったら良かったかなと個人的には感じました。

3rd Album『Hands All Over』

 

Maroon5 Misery

『Misery』

非常にポップで聴きやすい、Maroon5らしさが前面にでている楽曲だと思います。聴く人を選ばないのが、彼らの魅力ですね。

Download
Song Album

 

Maroon5 Moves Like Jagger ft. Christina Aguilera

『Moves Like Jagger ft. Christina Aguilera』

サードアルバムの中で代表曲と言えばこの曲。世界的歌姫クリスティーナ・アギレラをフューチャリングした楽曲。日本・海外ともに非常にヘビーローテーションで流れまくった曲です。2011年のビルボード年間ランキングでも9位に入る大ヒット曲です。

これまでのMaroon5に比べると、ビートが強めの楽曲でダンスミュージック臭がしますね。どちらかと言うと挑戦的な1曲だと感じました。

Download
Song Album

 

4th ALBUM『Overexposed』

アルバム通してかなりハズレなしの1枚です。個人的にはファーストアルバムの次に好きですね。

 

Maroon5 Payphone ft. Wiz Khalifa

『Payphone ft. Wiz Khalifa』

2012年ビルボード年間ランキング4位にランクインした楽曲。ポップな曲調ながらWiz Khalifaのラップが良いアクセントになっています。

ミュージックビデオでは銀行強盗に襲撃される銀行の行員を演じているのですが、なぜか警察に追われる理不尽な展開に!

Download
Song Album

 

Maroon5 One More Night

『One More Night』

どちらかというと軽快な曲調が多いMaroon 5ですが、この曲はビートがしっかりと強めの印象。それにしても、1stアルバムではR&Bやファンクの要素が入っていましたが、この頃になるとだいぶ曲調も違ってきますね。

Download
Song Album

 

Maroon5 Daylight

『Daylight』

なんでしょうね、この曲から溢れてくる「夢と希望」は。気になって歌詞調べたら失恋ソングだったww夢も希望もなかったww

Download
Song Album

 

スポンサードリンク

 

5th ALBUM『V』

良くも悪くも、いつもと変わらないMaroon5がそこにいるなあと個人的には思いました。確かに、1stアルバムと比べると、変化してきたように思います。

しかし、ポップで爽やかな聴く人を選ばない、いつもの彼らの音楽です。

 

Maroon5 Maps

『Maps』

出だしからサビまでの盛り上げ方がGOOD!1曲を通して曲調が色々と変化するのが良いですね。

Download
Song Album

 

Maroon5 Animals

『Animals』

Download
Song Album

 

Maroon5 Sugar

『Sugar』

最近のMaroon5のヒット曲はやはりこの曲『Sugar』ですね。ちなみに当ブログで集計している「歴代洋楽のYouTube再生回数ランキングTOP30」でもランクインしている楽曲です。

結婚式のサプライズでMaroon5が突然登場するミュージックビデオが印象的。しかし、ヤラセだという噂も…。まあ、深いことは気にするな!とにかく結婚式にピッタリな曲ですね。

Download
Song Album

 

こうして改めて彼らの曲を集めてみると、めっちゃヒット曲ありますね。

 

 

てかね…

 

このベストアルバムに全部入ってるからwwwww

 

注:全部入ってるのは国内盤。 

Download
Song Album
 

 

追記

新曲が出たらここに追記していきます。もちろんベストアルバムには収録されていませんが。

Maroon5 Don't Wanna Know

『Don't Wanna Know』

2016年発売の楽曲。ポップでゆるーい感じの曲。マルーン5らしさ全開の曲だと思います。

 

こちらは大ヒットを記録しているケンドリック・ラマーをフューチャーしたバージョン。

Maroon5 Don't Wanna Know ft. Kendrick Lamar

『Don't Wanna Know ft. Kendrick Lamar』

ケンドリック・ラマー入りのバージョンも良いですね。

Download
Song Album
 

 

安定して良曲を出し続けるMaroon 5

Maroon 5の凄い所は、長い間安定して良曲を出し続けている点です。彼らが注目を浴びるようになったのは2003年から2004年頃。十数年以上活動し、多くの楽曲を世に送り出してきましたが、ほとんどの曲がヒットしています。

彗星のように現れヒットを飛ばしたとしても、多くのアーティストが消えていきます。彼らの人気は衰えることを知りません。本国アメリカだけでなく、日本を含む世界中でファンを獲得しています。

さらにライブでの演奏のクオリティも高いです。

 

そんな、いつも期待を裏切らない誰からも愛されるMaroon 5。今後もヒット曲を楽しみにしています!

 

おすすめ書籍

オススメ洋楽記事

人気洋楽のYouTube再生回数ランキングTOP40

【洋楽】UKロック入門!おすすめバンド20選

オススメの人気洋楽記事一覧

90年代洋楽おすすめランキングBEST100!!

00年代洋楽おすすめランキングBEST100!!

ダウンロードしておきたい最新おすすめ洋楽【2016年版】

Fin --