読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO TITLE

WEBデザインとかブログ運営、社会・経済、音楽などなど

奨学金制度で叩くべきは、延滞者ではなく「日本」

社会 社会-政治

スポンサードリンク

昨日から話題になっている、奨学金延滞者17万人の記事。

学費が払えないから毎月10万円の奨学金を借りていたが、その返済が滞ってしまったようです。

未納期間が続き、300万円以上の支払いを申し立てられています。

 

「返せないお前が悪い」「自己責任だ」という意見をちらほら目にします。

 

そうなんですかね?

 

家庭によっては所得が低い場合もあり、学習意欲があっても大学進学のためのお金が足りない場合もあります。

そんな時に必要なのが奨学金。私も借りましたよ。なんせ実家は貧乏ですから…。

 

家庭の所得によって、奨学金が必要な人とそうでない人がいます。それは「自己責任」で片づけられることなのでしょうか。

 

そもそも所得格差が教育格差に繋がることが問題なのです。

 

スポンサードリンク

 

大学進学に必要な費用

所得格差が拡がってしまい、世帯収入が300~400万円なんて家庭が多くなっています。当然ながら、収入が低いと子供の大学進学にかかる費用が家計を圧迫してしまいます。

 

大学にかかる費用をググってみました。

初年度に収める費用が国公立の大学だと約80万円くらい。私立だと150万円くらいかかるようです。

 

こちらのサイトでは4年間通学した場合、学費プラス生活費などを算出しています。

実家を出て一人暮らしをするとなると、国公立で約1000万円。私立で約1200万円ほどかかるようです。

 

これはきついよな。

 

アルバイトしても月10万くらいかな。学生の本業はアルバイトではなく、学業ですから。4年間アルバイトして、それを差し引いても、500~600万はどこからか捻出しなくてはいけません。

 

国公立に関して言えば、学費免除の制度があります。私もこれを利用しました。今後、大学進学を考えている人、そしてお子さんが大学の進学を控えているという人は、学費免除の制度は必ずチェックしておいた方が良いでしょう。

 

卒業後のスタートラインも同じではない

社会人になった時点で200~300万の借金を抱えている人とそうでない人がいます。これはあまりにも不平等ではないですかね。

 

私も4年間で合計240万円の奨学金を借りた状態から社会人をスタートしています。これが本当に大変。

入社1年目の初任給なんてたかが知れてますよね。その中で返していかなくてはいけませんから。

 

社会に出た時点で既に差ができてしまう社会。これで「一億総活躍社会」ですか。

 

貧しい家庭に育った当事者として

私が高校生だった頃、進路はやっぱり迷いました。そして、悲しいことに私立に進学することは諦めていました。難関私立を受験できる人や、滑り止めで受験する人が本当に羨ましかったですね。私にはその選択肢はありませんでした。

一応、国公立(国立ではなく公立ですが)の大学に運よく合格できましたが、もしダメなら大学進学は諦めていたかもしれません。

 

家庭の所得で進学できる選択肢は違います。不公平ですよね。

 

私たちが叩くべきは格差が生まれる社会

「借りたものは返すのが当然」。正論です。おっしゃる通りです。

 

しかし、借りなくてはいけない人と、そうでない人が存在するのは事実です。就職をするにはある程度の学歴は必要ですから。しょうがなく借りなきゃいけない人がいるんです。

個人に対してああだこうだ言っても、何も良くならないでしょう。私たちが糾弾するべきは、所得格差が拡がり、子育てにお金がかかってしまう社会じゃないですか?

 

別に社会主義国になれとか、そこまでは言いませんよ。ただ、経済成長の観点から言っても、子育てのしやすい環境整備、教育が広く行き渡ることは重要なんじゃないですかね。

 

日本が他の先進国に比べて、個人の負担がいかに多いかをまとめた良記事があったので紹介します。

この記事を要約すると

  • 国家の総支出に対して教育支出が占める割合は32カ国中31番目。下から2番目です。
  • GDPに対する教育支出は先進国の中では平均くらいで、そのほとんどは私費支出公的支出はビリ
  • 世界基準で言うと、「奨学金」というのは返済不要の給付金のこと。日本の奨学金はただの学生ローン
  • 返済不要の奨学金の割合は0.6%。先進国どころか世界的に低水準。

これは、いかんでしょ!「返済できないのは自己責任」って言える状況ですかね?

 

こんな状態なのに…

 

低所得高齢者に3万円ばら撒きます?アホかよ。完全に選挙対策だろ。日本の若者の貧困化、待機児童、そして高額な大学費用を先にどうにかしろよ。

 

 

余談ですが、もうすぐ完済します

これは余談ですが、私が借りた240万円の奨学金は、今年中には完済できそうです。

親が保証人の方に気を遣って、早く返済して欲しいという圧力をかけるものですから。毎月3万円返済してます。きっつー。

ああ、毎月3万の支払いがなくなると本当に助かる…。嬉しい。

 

こんな記事も書いてます。