NO TITLE

WEBデザインとかブログ運営、社会・経済、音楽などなど

「煮詰まる」の誤用だけはお願いやめて

スポンサードリンク

f:id:shiromatakumi:20160105034532j:plain

世代によって捉え方が違う

煮詰まるの本来の意味は、「結論が出そうな状態」です。

1 煮えて水分がなくなる。「汁が―・る」

2 討議・検討が十分になされて、結論が出る段階に近づく。「問題が―・ってきた」→生煮え

[補説]近頃では、「煮詰まってしまっていい考えが浮かばない」のように「行き詰まる」の意味で使われることが多くなっている。

 引用元:煮詰(ま)る(ニツマル)とは - コトバンク

 

コトバンクの解説にあるように、近頃では「行き詰った状態」で使われることが多くなっています。

以前、誤用が多い言葉を紹介した記事を書きました。

ブコメにもあるように、「言葉というのは変化していくもの」っていうのは納得できますし、それは認めます。確かに仰る通りだと思います。

 

しかし、「煮詰まる」に関しては、「結論が出そう」と「結論が出なくて行き詰まる」では意味が真逆になってしまいます。紛らわしいんですよね。

 

「確信犯」とか「役不足」などは、本来の意味から変化して使われているのは納得できます。ほとんどの人が新しい意味で使ってますから。

 

でも「煮詰まる」だけは。お願いします。これだけは紛らわしいので統一して欲しい。

 

例えば、こんな文章。

「アイディアが煮詰まってきたので、いったん会社を出てカフェに行った」

えっ?余裕ぶっこいてるの?それとも気分転換?どっち?って思ってしまう…

本来の意味だと「結論出て時間あるしカフェでも行くか」って状況だと思うけど、文脈的には「なかなか良いアイディアが出ないので気分転換」ともとれますよね。

 

「行き詰る」の意味で使われている記事を読むと、なんとなく記事に集中できなくなってしまうんですよ。いちいち細かいですかね?

 

もうなんなら「煮詰まる」って言葉使わないで…

 

追記:「確信犯」と「役不足」は誤用が一般的になりすぎて、もはやその流れに抵抗できない状況になっていると思います。認めたくないけど、認めざるをえない。

しかし、「煮詰まる」はまだ抵抗の余地があるのではないでしょうか。