読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO TITLE

WEBデザインとかブログ運営、社会・経済、音楽などなど

超絶筋肉痛で東京の厳しさを知る

社会

スポンサードリンク

f:id:shiromatakumi:20150927021203j:plain

シルバーウィーク終わっちゃいましたね。

シルバーウィークの3日目は某音楽フェスに行ってたのですが、これまでに味わったことのないくらいの筋肉痛です。運動不足を痛感させられました。

シルバーウィークの4日目は仕事で上野まで行ってたのですが、東京は本当に恐ろしい土地だと感じました。 

新宿で京王線からJRに乗り換えるんですが、乗り換え用の通路には階段があるんです。これがまた筋肉痛にはツラいんだよね。
 筋肉痛になって気づいたのは、まだまだ階段が多いってことですね。階段を使わないルートが少ないし、分かりづらい。特に新宿。お年寄りや足の不自由な方や、ケガ人なんかだと大変ですね。
 しかも人通りが多いから、ゆっくり歩いてると後ろから無言の圧力を感じます。ですから、激痛に耐えながら早歩きしました。
 みんながみんな早く歩けるわけでないですよね。前述しましたが、お年寄り、足の不自由な方、ケガ人はきっとツラいんですよ。
 
ゆっくり歩いたり立ち止まったりしてる人に舌打ちする人ってたまにいますよね。あれ本当にやめた方が良いと思います。(私の筋肉痛は自己責任なので、いくらでも舌打ちしていただいてもいいのですが)
 何か用事があって急いでるのかもしれませんが、それは時間管理ができてないのが悪いんじゃないですか。寝坊したんじゃないですか?無理なスケジュールを立ててませんか?早めの行動してますか?
 
旅行で東京に来てて、出口が分からないとか乗り換えが分からないで駅構内で立ち止まっている人っていますよね。でも、しょうがないですよね。誰だって初めての土地に来たら分からなくて当然です。ましてや東京の主要な駅なんて、もはや迷路ですから。
 
私も普段はせっかちなタイプです。もし混雑している駅構内で、歩くのが遅いとか立ち止まってる人にイラッとしてしまったら、自分自身の心の狭さを反省しようと思います。
今回は自戒の意味を込めた記事でした。