読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO TITLE

WEBデザインとかブログ運営、社会・経済、音楽などなど

アドブロック記事は自分の首を絞める

スポンサードリンク

iOS9でアドブロックが利用できるようになったということで、アドセンスで広告収入を得てるブロガーは戦々恐々としてるのではないでしょうか。

 
ここではアドブロックについては詳しく書きません。自分の首を絞めるだけですからね。
 
まあ、私のブログは大したアクセスもないので影響はないでしょうが。ある程度アクセスがあるようなブログで書かれると困る人もいるでしょう。
 
個人的には、もちろんアドブロックは反対ですよ。もしかしたら、いつかこのブログで収入が得られるかもしれませんから。
 
Webやアプリのサービスは大きく分けて二つ。広告アリで無料もしくは広告ナシで有料。広告ナシで無料で提供してるサービスはかなり少ないです。
 
Google広告はWebの発展に貢献しているのは否定しようのない事実です。ブログだってSNSだって、Google広告出ますよね?無料で利用できるのは広告があるからです。
 
Web以外のサービスもそうですよ。民放テレビ番組を無料で観れるのはコマーシャルがあるからですし、雑誌が安く買えるのも広告があるからです。
 
広告がなくなって得する人は、高い金を出してでも、サービスを広告なしで快適に利用したい人だけです。でも、大多数は無料で利用したいって思うんじゃないですかね。ある程度広告があっても。
 
とりあえず、アドブロックのやり方とかアクセス稼げそうですけど、書かない方が良さそうです。
 
今後はブロガーも企業もアドセンスだけに頼っていくのは危険かもしれません。商品を紹介して、アフィリエイトで稼ぐとか、有料サービスを提供するとか。
 
ただねー、商品紹介ブログとか有料サービスばっかりになって困るのは利用者なんですよね。
 
 
あ、アドブロックって何?って人いると思いますけど、調べないで下さいね。