読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NO TITLE

WEBデザインとかブログ運営、社会・経済、音楽などなど

まずは手はじめにブログというものについて調べてみた

スポンサードリンク

f:id:shiromatakumi:20150902002304j:plain

そもそもブログとは?

「WEBをLOGする」を略してBLOGと呼ぶようになったそうです。

ちなみに、世界中で最もブログで使われている言語は英語でも中国語でもなく、実は日本語という調査結果もあるそうです。

日本人は本当にブログが好きなんですね。ただ、広告目的のブログも乱立しているので、その影響もあるのかもしれません。

ブログの歴史

ブログの始まり

1999年4月にブログの先駆けとなるLiveJournalがサービスを開始します。そして同年8月にはBloggerもブログサービスを開始します。

元々LiveJournalは、高校の友達に最近何をやっているのかを知らせる手段として立ち上げたられたそうです。ちなみにLiveJournalを立ち上げたBrad Fitzpatrickさんは現在Googleで働いているようです。

 

日本のブログの歴史

日本のブログブームの火付け役、Movable Type 1.0がリリースされたのが2001年。

2002年には、平田大治さんがMovable Typeの日本語化、そしてPingサーバーのサービスを開始します。

2003年には、はてなダイアリー、livedoor、Seesaa Blogなどがサービスを開始。

そして、2004年にはアメーバブログやFC2などもサービスを開始していきます。

この2年でメジャーなブログサービスは出揃ってますね。ちなみに、ブログの女王こと真鍋かをりさんや中川翔子さんも2004年にブログを始めたそうです。

2005年には「ブログ」が流行語大賞のベスト10入りします。(ホリエモンの「想定内」もこの年です。)はてながソーシャルブックマークの「はてなブックマーク」を始めたのも2005年だそうです。

そして2006年には、世界中のブログ投稿数の約37%を日本語が占め、英語を上回ってトップになります。

その後はmixiやFacebook、Twitterなどに人気を奪われブログ熱は落ち着いていきます。

何だかんだ息が長いブログ

生まれては消えてを繰り返す、ウェブサービスの世界ですが、何だかんだ言ってブログって消えないですよね。

ブログには個人的な日記を書くだけでなく、情報発信に使ったり、企業の宣伝に使われたりと色々な利用価値があります。

今でもブログだけで生活しているブロガーもいますし、100万アクセスを稼ぐようなブログもあります。

個人ブログですと、chikirinさんとかイケダハヤトさんとか。企業ブログですと、LIG inc. やバズ部も人気があります。

流行は去ってしまいましたが、何百万ものアクセスを稼ぐブログがあるくらいですから、ブログにはまだまだ底堅い人気があるようですね。